京都教育大学 学校運動部活動指導者育成事業





養成プログラムの特徴




  •   スポーツクラブ指導入門(プログラムコア科目) 
           
     講義、KYO2クラブにおける見学・実地指導の経験、振り返りの研究討議を通じて、発育発達期(主に小学校後期)における運動指導の意義や課題の理解、学校運動部活動の現状と課題の理解、体育・スポーツ指導者として各自が身に付けるべき能力の見極めを行います。  
     
  •   インターンシップT・U  
     
     KYO2クラブにおいて指導経験を積み、実践的指導力の養成を図ります。学校現場において豊富な運動指導経験を有する退職教員を指導担当客員教授として招聘し、事前指導・指導実践・事後指導のPDCAサイクルを2段階のインターンシップを通じて繰り返し、優れた指導者としての実践的指導力・マネジメント力を養成します。  
     
     




バナースペース


    

教育支援センター
運動部活動指導者育成室

〒612-8522
京都市伏見区深草藤森町1番地
京都教育大学
附属教育実践センター機構棟2F

TEL: 075-644-8143