題    目 著者名
1 阪神・淡路大震災の被災地の現在を歩く
 ―震災20周年を前にした2014(平成26)年度「地理学特講」の覚え書き―
香川貴志
2 グローバル教育を視点とした教科書分析の一考察
 ―小学校第6学年社会科最終単元を対象として―
石野沙織
3 シティズンシップの視点から見た道徳性の教育 水山光春
4 カナダ オンタリオ州の小学校訪問から学ぶ(1)
 ―図書教育と算数教育の事例―
広木正紀
5 中学校理科における鉄と硫黄の化合実験の教材開発
 ―有毒気体に対する安全性に配慮したマイクロスケール実験の活用―
柴辻優駿、芝原ェ泰
6 形式的モデルの構築とその活用を促す理科授業
 ―粒子概念の定着を目指して―
野ヶ山康弘、谷口和成
7 新しい時代の理科教育への一考察(3) 村上忠幸
8 小中学生を対象とした反射望遠鏡作製実習  【非公開】 中野英之
9 階名唱指導上の課題2
 ―幼児教育専攻学生の視唱の現状から―
吉田直子
10 図画工作科における表現活動への教師の関与
 ―粘土の技能指導における介入と補修活動を中心に―
芦田風馬
11 中学校技術科におけるものづくり学習後の学習意欲と工具使用のスキル意識に関する調査―附属京都中学校での実践― 原田信一、安東茂樹、小澤雄生
12 中・高家庭科教員に求められる生徒理解と教科のとらえ方に関する研究(1)
 ―食生活を対象にして―
田中任代、榊原典子 
13 中・高家庭科教員に求められる生徒理解と教科のとらえ方に関する研究(2)
 ―衣生活を対象にして―
榊原典子、田中任代
14 持続可能な地域社会のための住まい・まちづくり学習
 ―生活を創る木とその循環に着目して―
延原理恵、的崎あかり、寺本愛 
15 英語科に関する学習観と英単語学習方略との関連 赤松大輔、藤岡秀樹
16 日本の英語教育におけるCLILの可能性
 ―小学校外国語活動に焦点を当てて―   【非公開】
泉惠美子
17 特別支援教育における家庭・学校間の連携システムの構築
 ―「デジタル連絡帳」の活用― 
中川宣子、高岸正司 
18 知的障害のある青年の「学びの場」としての自立訓練事業の役割
 ―母親等を対象とする質問紙調査から―
丸山啓史 
19 知的障害教育における「示範」の役割と方法(2)
 ―知的障害を伴う自閉症生徒を対象とした教授−学習過程の分析― 
早川透 
20 共通理解・合意形成というフィクション
 ―「わかりあえない」からこその学校の危機管理―
榊原禎宏、西村府子、森脇正博 
21 教師志望学生における教師効力感と特性的自己効力感との関係
 ―実習経験者と実習未経験者との比較―
増田優子、田爪宏二
22 子どもたちの自己評価能力を高める振り返り活動
 ―振り返りシートとホワイトボードを用いて―
平岡信之、井上美鈴、平島和雄、若松俊介、山口翼、樋口とみ子 
23 日英の教員養成の比較から何が学べるか OBERMEIER Andrew、水山光春、西井薫、村上忠幸 
24 学びの広がりと深まりを促す教師の対応行為に関する予備的考察
 ―船戸咲子の「想像説明」を中心に―  【非公開】
徳岡慶一 
25 日本におけるキャリア教育の研究動向と課題  藤岡秀樹